おでこにきび

おでこにきびの解消法

 

女性に多い便秘もにきびの大敵です。
便秘は、ニキビ赤み肌だけではなく、肌荒れ全般を引き起こします。便秘の場合は、とくにおでこにきびができると言われています。

 

便秘が日常化している人は、数日出なくても気にしない人も多いようです。そういった人は気をつけて。加齢と共に、腸が伸びてしまい、便秘で入院ということもあります。

 

便秘にならないようにするには、朝食をきちんと摂ることが大切。そして、時間に余裕を持っておトイレに行く習慣付けをしましょう。

 

便秘解消のために、水を多く飲むことは、肌にもよくないし、便秘が治っても一時的なものです。腸を冷たい水で冷やすことは、便秘の症状を悪くすることにもなりかねません。

 

便秘解消に大切なのは、水分補給よりも腸の動きを活発にすること。

 

腸を動かすには、運動も大切です。歩いたり、ストレッチしたり、体操したりと、日々心がけましょう。胃下垂の人も腸が圧迫されやすいので、便秘がちの人が多いようです。

 

腸が動きやすいように、時計回りにお腹をマッサージしてあげるのもおすすめです。

 

いろいろな生活習慣を見なおしてもなお便秘が続く場合は、便秘薬の力を借りましょう。ビオフェルミンなどの乳酸菌といったものから試してみるとよいでしょう。下痢を起こさない程度のものから試すのがおすすめです。薬局で相談されるとよいでしょう。

 

また、ガードルなど、きつい下着のしめつけはできるだけ避けるようにしたほうがよさそうです。

 

「おでこにきび」ができたら、便秘が続いていないか、振り返ってみましょう。あなたはおでこに赤ニキビができていませんか?

 

あなたのお肌が喜ぶスキンケア選びも大切に!

 

赤ニキビを無くすための便秘解消法関連ページ

洗顔するほどにきびは悪化する?
お顔の肌やにきび予防に良いと思われる洗顔ですが、思わぬ落とし穴があります。
睡眠不足はにきびの大敵
生活習慣もにきびができる原因に関わっています。とくに睡眠不足は大敵です。どうしてか?それ・・。
環境や性格からできるニキビ赤み
にきびができるのは、あなたが置かれている状況が原因になる場合もあります。つまりはストレスですね。これを減らすためには・・。