洗顔

そのニキビ肌、洗顔し過ぎていませんか?

ニキビができるのを防ごうと殺菌力の強い石鹸を使ったり、洗顔料で頻繁に洗うと、かえってニキビができやすい状態を招くことになります。

 

お肌の状態は、体調や生理などの周期などによっても日々変わっています。「顔がべたついて気持ち悪い」「顔が脂っぽいと赤ニキビが増えそう」と思いがちです。

 

でも、お肌の皮脂には、常在菌というたくさんの種類の細菌がいます。これらは、アクネ菌のような困った菌ばかりではなく、お肌を健康な弱酸性に保とうとしたり、悪い菌が増えるのを防ぐ役割をする細菌もいます。

 

ニキビができやすいのは、「アクネ菌が多い」ということが原因だと皮膚科の先生はおっしゃいますが、言い方を変えれば、「良い菌」が少ないということです。つまりは皮膚のアクネ菌に対抗する防御機能が不足しているんですね。

 

肌を過剰に洗顔料や石鹸で殺菌、皮脂を取り過ぎると、良い菌も皮脂と一緒に洗い流されてしまい、元の健康な肌の状態になるには時間がかかります。

 

赤ニキビに悩む方は、洗顔のし過ぎで皮脂を摂り過ぎることで、肌のバリア機能が壊れていることが多いようです。よってニキビ薬を塗っても効果がでずに、ニキビ赤みが増えるという結果を招くことになるそうです。

 

ですから、顔の皮脂をとり過ぎないように、過度な洗顔はやめたほうが賢なんですね。洗顔の後は、保湿をしっかりすることが大事です。

 

洗顔するほどにきびは悪化する?関連ページ

睡眠不足はにきびの大敵
生活習慣もにきびができる原因に関わっています。とくに睡眠不足は大敵です。どうしてか?それ・・。
環境や性格からできるニキビ赤み
にきびができるのは、あなたが置かれている状況が原因になる場合もあります。つまりはストレスですね。これを減らすためには・・。
赤ニキビを無くすための便秘解消法
女性に多い便秘。おでこにきびが多いなら、便秘が原因かも?便秘を解消する方法はいくつかありますが、大事なポイントは・・。