おでこニキビ

なかなか消えない、しつこいおでこニキビ、処方する方法ってあるの?

おでこにきびを治したい、どうにかしたいという思いを持っている人は多いのでは?

 

良くなったかと思うと、またニキビの赤みが浮き上がってくるみたいな、しつこいニキビだと耳にします。

 

おでこニキビに悩んでいる人は、前髪がおでこにかかる、といったことも原因。また、実は、お通じが悪いことで悩んでいる人が多いそうです。そう、お通じが悪いこともこのニキビの原因といわれています。だから、食物繊維や水分を食事からとるように気をつけるとよいのです。

 

どんな食べ物に食物繊維が多いかというと、野菜や果物、玄米。そしてめかぶやモズク、長芋や納豆といったネバネバ系も意識してとる必要があります。これらには、不溶性食物繊維や水溶性食物繊維が含まれていますが、そのどちらにも便秘には必要不可欠です。ほかにも、嬉しいことに「コンドロイチン硫酸」といって、コラーゲンやヒアルロン酸といっしょに働いてお肌を綺麗にしてくれる作用があるんですよ。

 

お通じがよくなるためには、できるだけご飯を主食に選び、材料が小麦粉類のパンやパスタは避けるようにしましょう。

 

食物酵素もとれるよう、果物や漬物、生野菜といったものもおすすめです。

 

食物酵素は、腸の中にある善玉菌がよく働くようになる手助けとなります。

 

毎日、漢方薬や便秘によく効くお茶をとることは、あまリ好ましくないようです。というのは、こういったお通じを強制的に促進するものは、下痢や便秘を繰り返す原因になることがあるからです。また、腸が慣れてしまって、効果がなくなるといったことにもなります。でも、便秘が癖になるよりもいいので、なかなかお通じがないというときは、利用したほうがよさそうですね。

 

 

あと、ぜひ、朝の目覚めには一杯のお水を。お水で腸の働きをうながしてから、朝食とするのが体によい習慣とのこと。

 

保湿効果の高いにきび予防のスキンケアに合わせて、お通じを整える、これがおでこニキビを治すのには効果的です。

 

おでこニキビを治したいなら!関連ページ

にきびを治すには、体の中も見なおして・・
ニキビがいろんなスキンケア化粧品や皮膚科のお薬で治らない場合、もしかしたら、体の調子が悪いのかもしれませんね?こういったことは、心当たりないですか?
鼻の下や口周りのにきびの原因と対策
鼻の下や口のまわり、あごといった位置にできるにきびの原因は?ストレス意外にも、こういった原因の可能性があります。その対策法は?
頬の位置にニキビができたら、これが悪い!
頬の位置のニキビは、年齢に問わず、食べ物が原因だと言われています。肌をスキンケアするよりも先に、食べ物の習慣の見直しをするのが先決!悪い食べ物を排除しましょう。悪い食べ物とは?